気になること

スマホ依存症が増加中!どんな症状がでるの?やめる方法はあるの?

更新日:

スマホ依存症

 

スマートフォンの普及で便利になりましたが、便利になりすぎて依存する人が増えています。

依存するとどんなことになってしまうのでしょうか。

今回はスマホ依存症はどんな症状がでるのか、やめる方法はあるのかについてご紹介します。

 

■スマホ依存症とは?

その名の通り、スマホから離れなくなり1日のほとんどをスマホに費やしてしまうことです。

そのため、本来自分がしなければならないことを後回しになってしまったり、しなくなるといった事にもなります。

機能が充実しているせいで利用頻度が高くなる傾向が見られます。

スマホを利用している年齢

大人はもちろんの事ですが、現在では小学生と中学生の割合も多いことがわかりました。

小学生にスマホを持たせる親御さんがいますが、その理由の1つとして「安全のため」ということです。

児童を巻き込んだ事件は減るどころか増えるいっぽうです。

スマホを持たせることでいつでも親との連絡も取れますし安心です。

防犯グッズとして持つことは賛成です。

 

ところで、飲食店や交通機関で子供が騒がないようにスマホを持たせてyoutubeなど見せている親御さんも多いようです。

そうすると、1歳~2歳児からスマホ操作もできているという事になるのでしょうか。

 

スマホがないと不安!?

スマホ依存症の女の子

スマホ依存症の特徴的な所は、触っていないと不安なことです。

スマホがないとイライラしてしまう傾向があるようです。

外出して周囲を見渡すと交通機関や待ち時間でほとんどの方がスマホの画面をみています。

時代が変わったなとしみじみ感じる瞬間です。

 

日本人はストレスが溜まっている人が多く、発散場所が無いためスマホで解消している人も多いようです。

止まってスマホ画面をみる分には許せますが、歩きながら、自転車に乗りながら、運転しながらと「ながらスマホ」をしている人はいつ事

故に巻き込まれてしまうか心配な点です。

スマホの悪影響は

  • うつ病のリスクを高める
  • 思考能力が低下する
  • 感情のコントロールができなくなる
  • 睡眠不足
  • 学力・記憶力の低下
  • 視力の低下
  • 集中力の低下

等です。

メリットがある一方でデメリットもあります。

個人的に心配なのはスマホのせいで、家族の会話が減っているのではということです。

共働きで家に居ないということは除いて、普段家族が集まれる時間に1人だけスマホ画面をみていて大切な

時間を無駄にはしていないかが気になる点です。

 

学生が携帯やスマホを持つ理由はなんでしょうか。

各メーカーで学割などで競争が激しく、学生はお得に持つことができます。

しかし、携帯やスマホを持つことでイジメや事件に巻き込まれるケースは少なくありません。

もし、持たせるのであれば機能を制限するなどの工夫もしなければなりませんね。

 

■スマホ依存から脱出するには

スマホをだらだらいじっていると時間はあっという間に過ぎてしまいます。

ネットサーフィンをしたり、LINEをしたりと誘惑が多くスマホばかりに気を取られて他のことに身が入りにくくなりますので、時間とルールを決めましょう。

 

難しい人は一気に実行しようとせず、少しずつ使用時間を減らすなどしていきましょう。

よく使用するアプリをアンインストールするのも効果的だそうです!

家族と会話する時間を増やすと良い効果がありそうです。

スマホ依存症の治療法はあるの?

ある医療センターでは「ネット依存治療部門」という科があるそうです。

韓国や中国では長時間のオンラインゲームで死亡する事故も実際に起きています。

病院に通院しなければならない程重症なのかと思うと自分のことのように心配です。

 

治療法としては、自分の意志にかかっています。

1番は「ネットに頼らない生活習慣を作ること」です。

ネットを断ち切ることはできません。

しかし、スマホの使い方の面で修正はしていくことは可能なのだと思います。

ひとりで頑張れとは言いません。

依存症を治していくには、家族の力も必要となります。

 

私も過去に、パソコンのオンラインゲームにはまったことがあります。

まだスマホが普及していない時代でしたので。

どうしてそこまではまったのかはわかりませんが、パソコンの前に座ると食べることも忘れゲームに没頭していました。

はまった理由は、見えない相手とチャットで会話をしながらゲームもできるという点です。

気がつくと眠ることも忘れて1日中パソコンの前に座っていたこともあります。

依存症が治ったきっかけは、パソコンを手放したことです。

あるとまた始めてしまうという気持ちが強かったのです。

依存は本当に怖いです。

目的があって使用するには問題ありませんが、はまってしまったら自分自身も辛い気持ちになりますし、体調も壊しかねません。

 

いかがでしたでしょうか。

スマホ依存症は減るどころか年々増え続けています。

現在学校ではパソコンを使った授業をしているところも多くありますが、この先スマホになる可能性もでてくるかもしれません。

できればそうならないでほしいと願います。

 

スマホは確かに便利ではありますが、依存してしまうと大事なものを失ってしまうかもしれません。

自分の意志をしっかり持ってスマホの誘惑に負けないようにしましょう。

 

最後に

  • スマホは持っていなくたってなんとかなるものです
  • 依存しないために自分との距離を離しておきましょう
  • しっかり食べて、睡眠をたっぷり取りましょう
  • スマホの使用時間タイミングを決めましょう
  • 無理してSNSやLINE等することはありません
  • 家族と過ごす時間、会話を大切にしましょう

スマホを操れなければ流行に取り残される!

って変な強迫観念はないでしょうか?

それよりも、家族の会話を増やしたいものですね^-^

 

-気になること
-

Copyright© 猫の集会所 , 2019 All Rights Reserved.