育児と子育て

お名前シール・お名前スタンプの種類と正しい選び方&使用方法!

更新日:

お名前シール

 

春といえば…さくら。そして春は出会いと別れの季節ですね。

学生時代の春は、ワクワク、ドキドキでもちょっと不安だったり…しませんでしたか?

 

子供たちはそんな気持ちで迎える春ですが、お母さんたちは違います。

子供の入園、入学に合わせて準備をして、持ちものに名前を書かなくてはいけませんよね。

 

自分の字は嫌いであんまり書きたくないって思っている人も少なくないと思います。

そんなとき便利なのが、お名前シール&お名前スタンプです!

 

お名前シールの基本

お名前シールといっても貼るだけのシールじゃないんです。

まずはお名前シールについて説明しますね。

お名前シールを選ぶときはまず、何に使いたいかを考えるのが大事です。

防水・耐水

• 防水とは、物に水が入り込まないようにすること
• 耐水とは、水で形が質が変わってしまったり、破れないこと

洗ったらすぐ取れたり、名前部分が破れたりしたら、貼っても意味ないですよね。

頑張って貼ったあの時間を返して!ってなるのでここは要チェックです。

私が見る限りでは、お名前シールには耐水か防水どちらかはついていました。

ただ、もしものことがあってはいけないので、自分の目で確認はしてくださいね。

耐熱

• 耐熱とは、高い熱を与えても質が変わらないこと

電子レンジや食洗機を使う場合は、耐熱もあるといいですね。

※食洗機の場合は食洗機対応なのかをみましょうね。食洗機は熱だけではなく、水やすすぎの勢いにも耐えなけばいけないので。
食器は食洗機対応なのに、シールが非対応だったら意味ないですからね。

デザイン・大きさ

縦書き、横書き、大きい、小さい、四角など、どこに貼ってもいいように多くの種類が作られています。

そして、なんと言ってもデザインが豊富です。

可愛いものからシンプルなものまで、子供から大人まで楽しめます。

お名前シールの種類

文房具

お名前シールはシール会社によって細かな違いはありますが、大きく分けると

• アイロンでつけるタイプ
• スタンプタイプ
• そのまま貼るシールタイプ
があるようです。ではもう少し詳しくみていきますね。

 

アイロンでつけるタイプ

貼りたいものにアイロンで押し当ててつけます。

布のバッグや巾着袋にテープ式のシールを貼ることができないものに使えます。

そんなときはこのアイロンタイプが必要ですね。

 

そのまま貼るシールタイプ

シールなので文房具やお弁当箱、学校で使うほとんどのものに貼ることができます。

シールが1番簡単ですね。

アイロン出すのは手間だし、スタンプだと緊張で変なところに力入りそうだし、やっぱり私はシール推しです。

シールは洋服などの洗濯表示のタグに貼ることも出来ます。名前が目立たなくても良ければ、この方法もいいですよね。

 

お名前シールを上手につけるこつ動画

動画を見れば、貼るコツも分かりやすいと思います。

アイロン編

こんな動画を見つけました。

ついついアイロンをグリグリやりたくなりますが、ダメなんですね。

くっつけ〜と念を込めて押せばグリグリやらずに済みそうですね。

そのまま貼るシール編

• 貼りたい場所をキレイにする

ゴミやほこりはしっかりととります。

小さくてもゴミがついてしまうとデコボコしますよね。

そこから空気や水が入ると取れやすくなってしまいます。

• シールをキレイに剥がす

シールを剥がすときに雑に剥がしてしまうと角が折れてしまったり、 ペタペタ触ってしまうと指紋がついてしまって粘着力が落ちてしまいます。

枠がある場合は、外側の枠(使わないシール部分)を剥がしてからお名前シールを剥がすほうが角が折れにくいと思いますよ。

参考にしてみてください。

洋服のタグに貼るときの動画もありました。

ギュッと貼るだけでつくなんて便利ですね。

 

お名前スタンプはコスパに優れてる!

おむつ

 

お名前シールは貼り付けるのに意外と時間がかかるんです。

そして、コストパフォーマンスも悪いし・・・

お名前スタンプに関してお話します。

 

コスパ最高!

インクがなくなるか、スタンプが壊れるまで使えます!

 

お名前スタンプはおむつに!

スタンプタイプはオムツに便利です。

使い捨てのオムツ全てにシールを貼るのはもったいないですよね。

保育園や託児所に預けるときはポンポンっとスタンプを押しましょう。

 

おむつだけじゃなく、服にもバンバンとスタンプ押しちゃいましょう。

内側のタグに名前をスタンプしておけばいいので、購入したらすぐに名前をポチッ!。

もちろん、靴にもね。

 

専用のインクを使えば、布や紙、ガラスやプラスチックなどいろいろなものに使えます。

全ての持ちものスタンプで出来ちゃうなら便利ですよね。

でも、ハンコやスタンプを綺麗に押すのって意外と難しくないですか?

私の場合、綺麗に押さなきゃ!って思えば思うほど力が入って手元がブレるんです。結局、失敗して訂正印を押す羽目に…。

 

書類なら訂正印を押せばなんとかなります。

子供や自分の持ちものに訂正印は押せないですよね。

そんなときのために、専用のクリーナーで落とすことが出来るようです。

ただ紙や布は失敗しても落とせないので注意です!!!

紙や布に使うときは、慎重に押すことオススメします。

 

スタンプをじょうずに押すには?

スタンプの動画を見つけました。

オムツのように使い捨てのものは何も考えずににポンポンと押せるので楽ですね。

次の動画をは衣類やハンカチの布に押すコツです。

布にも簡単に押すことが出来るんですね。

ただ、シワが出来ている状態だと上手く押せませんよ。

このスタンプ、ちょっとお肌に似てますね。

シワの部分ってファンデーションがシワに入って上手く塗れないんですよ。
できれば私は、なくしたい!でも、顔のシワはなかなか取ることは難しいですよね。

衣類などのシワは簡単に伸ばすことが出来るので少しは気をつけてみてください。

つぎはこちら。コップなど曲がったものに押すコツです。

最後のグリっと上に上げる動作で私は、ズレそう…って思ってしまいました。これは得意不得意が出そうですね。

 

まとめ

• お名前シールは耐水、防水、耐熱かをチェックする
• お名前シールはアイロンでつけるタイプ、スタンプで押すタイプ、そのまま貼るタイプがある
• アイロンタイプはアイロンをグリグリ動かさない
• スタンプタイプはポンポン押す
• そのまま貼るタイプは汚れを落とす

お名前シールやスタンプはいろいろな種類があります。

貼りたい場所や自分に合ったシールやスタンプを選び、ストレスなく準備しましょうね。

 

コチラの記事も読まれてます

-育児と子育て
-

Copyright© 猫の集会所 , 2019 All Rights Reserved.