地元情報・観光スポット

北陸小松『港屋珈琲』さんのオカブランのメニュー気になる?

更新日:

港屋珈琲店

 

石川在住ライターのモカです^^

先日、近所にできた港屋珈琲という珈琲店に行ってきました。

港の近くにあるレンガ造りの倉庫のような外観と都会的で落ちついた雰囲気.

店内に焙煎珈琲の香りがして、とても素敵な空間でした。

 

珈琲店といえば、今では全国規模の大型チェーン店がたくさんあり、珈琲の他にもその店々の特徴やモーニングやランチセット、そして看板メニューというお楽しみがありますね。

そこで、まず、この港屋珈琲さんの特徴とモーニング、看板メニューをまとめてみました。

 

港屋珈琲は、どんな珈琲店?

港屋珈琲の本店は、三重県鈴鹿市にありました。

三重県で人気の喫茶店ということです。

 

現在、三重県に5店舗、埼玉県に1店舗、そして石川県に1店舗あります。

 

港屋珈琲小松店

 

身体にやさしい有機栽培の厳選された珈琲豆を使った珈琲の他に焼きたて・手作りにこだわったデザートや軽食メニューも充実しています。

お店の雰囲気は、レンガ倉庫を思わせるような落ちつきのあるどこか懐かしさを感じる空間をイメージしているそうです。

 

三重県、埼玉県とお店を広げて、次の店は、なぜ石川県の小松なのか謎なのです(笑)

と、いうのは小松市民がいうのもなんですが、小松では、ここ数年でやっと珈琲チェーン店が出来てきたからなんです。

その中で、金沢を含め北陸3県にも小松だけにある、という店は港屋だけなのでかなり貴重なお店でしょう。

 

そんな港屋珈琲小松店がある場所は、

お店を出てすぐ後ろの道を歩くと木場潟西園地の美しい景色が眺められるという、とてものどかな場所。

ちょうど国道から木場潟西園地に入る道の少し手前にあります。

わかりやすい場所ではあります。

 

港屋珈琲のモーニングセットは、2種類と他にも。無料カスタマイズも楽しめる

さて、港屋珈琲さんのメニューを紹介していきますね。まず、モーニングセットです。

港屋珈琲さんのモーニングは、2種類。

 

飲みものにモーニングセットがついてくるものは、2種類。

「トーストとゆで卵」「ホットケーキ」どちらかから選びますと、ジャムソースとあずきソースのボトルを持ってきてくれます。

うれしいことに、かけ放題です。

 

そして、テーブルの端にいつも置いてあるのがトレイ。

グラニュー糖やゆで卵用の塩を置いたシナモンシュガー、メープルシロップが置いてありました。

これは、色々とカスタマイズが楽しめますね。

 

珈琲を注文するとモーニングがついてくるサービスも。

珈琲店では、定番になってきていますが、トッピングのお楽しみがあるところがよいです。

その他にもピザトーストやサラダが盛られた豪華なモーニングもありました。

 

港屋珈琲の看板メニューはオカブラン!クリームとフルーツたっぷりのとぐるぐる?

次は、看板メニューをご紹介しますね。

どこの珈琲店も珈琲の他にお楽しみな看板メニューがあります。

最初は、聞きなれない言葉も時間がたつと定着してくるものですが、港屋さんの看板メニューもしかり、今まで聞いたこともないデザートです。

 

その名も、オカブランです。

どういった意味でオカブランという名前なのかわかりませんが、聞いたことのない名前だから、妙に印象に残りますね。

 

↓twitterでお借りしました^^

オカブランとは、どんなデザート?

パンケーキの上に生クリームまたは、アイスクリームとフルーツをのせたデザートです。

生クリームか、アイスクリームかは選べるそうです。

 

モーニングだと、クリームなしのシンプルなホットケーキが無料で付けられます。

 

フルーツは、小粒に切ったものがちりばめてありました。

サイズが大きいのでミニサイズもあります。

オカブランはレギュラーサイズが820円、ミニサイズ440円。

 

そして、もう一つぐるぐると巻いたソフトクリームを乗せたデザートです。

その名も、シェルトテ!ココアや抹茶パウダーをトッピングしたパフェとゆうところでしょうか。

ソフトクリームのまわりには、タルトやワッフルを小さく切ったものが散りばめられ、斬新な印象です。

 

オカブランもシェルトテも今までに聞いたことのない名前だからでしょうか。

すぐに覚えてしまいました。

次に来店した時は是非食べて見たいです^^

 

看板メニューの他にもクレープ包み風のデザートや、バームクーヘン風のケーキもありトーストや洋食やさんのようなお食事メニューもあります。

ランチメニューを今回紹介しなかったけれど、ランチにもお得なセットメニューがありますね。

 

港屋珈琲、今後はどう展開する?

三重県から、徐々に店を広げてきた港屋珈琲ですが、他の珈琲チェーン店と違い、一気に全国展開は今のところしていないようですね。

関東はさいたまだけ、関西や首都圏にもお店がなく、石川県でも北陸新幹線の駅がある金沢じゃなくて小松とは。

一気に小松が有名になった気分です。

 

こんな、田舎にできたことが奇跡のようで、嬉しいのですが今後の展開は、まったく予想できません。

でも、これからの港屋珈琲に期待します。

ローカルな場所にあるからこそ、ローカルなサービスも楽しめそうです。

ちなみに小松店の開店日から3日間、先着で粗品サービスがあったのですが、玉ねぎ3個でした。

 

珈琲チェーン店が小松にあったらいいのに、と思っていた数年前と比べると一気に珈琲店が増えて驚いているこの頃です。

港屋珈琲さんが来る前は、スタバ好きな私でしたが、しばらく港屋珈琲さんにハマりそうな予感がします。

デザートをまず全制覇目指します^^

 

 

-地元情報・観光スポット
-

Copyright© 猫の集会所 , 2019 All Rights Reserved.