季節イベント

初節句を迎える娘のお祝い『ひな祭り』について知っておきたい事

更新日:

ひな人形

 

2才の息子と7カ月の娘を育児中のママmikmikです。

初節句を迎える娘がいますが、祝い方やメニュー、服装などわからないことが多いので調べてみました。

 

初節句とは?

「節句」とは季節の節目となる日のことで、子供が生まれて初めて迎える節句を「初節句」と言います。

女の子は3月3日「桃の節句」(雛祭り)が初節句で、雛人形を贈って飾ります。

初節句は子供の健やかな成長を願う大事なイベントなので、家族や祖父母、親戚や友人を招待してお祝いします。

我が家の場合は両親が遠方の為、家族4人でお祝いする予定です。

 

雛祭りの由来は?

「桃の節句」は、「上巳(じょうし)」の節句」といい、3月の最初の巳の日を指していましたが、後に3月3日になりました。

 

中国ではこの日に水辺で身を清める習慣があり、それが平安時代に日本へ伝わりました。

草木や紙、藁で作った人形に厄災を移す風習や貴族の間で始まった「ひいな遊び」というままごとの原型となった人形遊びが結びつき、川や海に人形を流してお祓いをする「流し雛」の習慣となりました。

江戸時代になると、「上巳の節句」が五節句の一つに定められ、女の子の健康と幸せを願うものとなりました。

財力がある人は厄災を引き受ける人形を豪華にすることを競って、それが雛人形の原型と言われています。

 

雛人形を飾る時期としまう時期はいつ?誰が買えばいいの?

ひな人形

 

雛人形を飾る時期は、立春(2月4日)ごろから2月中旬ごろからが良いと言われています。

1ヶ月ほど飾って春の季節感を楽しみたいですね。

 

「一夜飾り」と言って、節句の直前に飾りを出すのは縁起が悪いとされています。

桃の節句の1週間前くらいまでには飾り終えておいたほうがよいでしょう。

 

女の子が生まれたら、雛人形を2月初旬くらいまでに祖父母や両親が買って贈ります。一般的に母方から贈られていましたが、最近では両家で話し合って贈ったりもするそうです。

 

息子の初節句の時に兜を義両親が贈ってくれたのですが、思いのほか大きくて収納場所に困った経験があります。

購入するときは、部屋の広さや収納スペースによってどういう雛人形セットを購入できるのかが決まるので、あらかじめ確認しておいたほうがいいです。

 

しまう時期は、厄災を引き受ける人形は早めに片づけたほうがよいと言われているので、3月3日を過ぎたら出来るだけ早くしまいましょう。

人形は湿気に弱いため、湿気が少ない晴れた日がおすすめです。

 

「早くしまわないとお嫁にいけなくなる」と聞きますが、あまり根拠がなく、「早く片付く=早くお嫁にいく」とかけていると言われていたり、子供に片づけをさせるためと言われています。

私の実家も3月3日が過ぎてもしばらく飾ってましたが、結婚できてるのでお嫁に行けなくなると心配しなくても大丈夫です!!

 

初節句の食事は?

ちらし寿司

 

雛祭りの時に食べるものといえば、雛あられやちらし寿司、菱餅、甘酒、蛤のお吸い物ではないでしょうか?

それぞれに意味があるのは調べてみるまで私は知りませんでした。

雛あられ

菱餅を外で食べるために砕いて持っていったという説や雛人形を外に連れて行って春の景色を見せるという風習があり、その時に持っていったのが雛あられと言われています。

三色の色には意味があり、緑は蓬(よもぎ)で健康を表し、赤は桃で魔除け、白は菱で子孫繁栄、雪で清浄を表します。

東日本は甘い味付け、西日本ではしょっぱい味付けとなっていて、地域によって違うようです。

私は九州出身でしょっぱい味付けが普通だと思ってました。

ちらし寿司

料理そのものではなく、使われている材料に意味があります。

エビは腰が曲がるまで長生きするように、レンコンは穴が空いているので、将来の見通しがきくように、豆はまめに働き、まめに生きるようにと言われています。

卵や三つ葉、桜でんぶなど色鮮やかなものを使ってあるので、料理が華やかになり、女の子の成長を願うひな祭りにはぴったりのメニューですね!

菱餅

菱餅は色ごとに意味があり、その意味は雛あられと同様です。

菱餅の順番はとくに決まりはありませんが、上から「赤・白・緑」の順で「雪の下に新芽が芽吹き、桃の花が咲いている」という景色を表していると言われています。

白酒(甘酒)

甘酒は白酒と言います。桃の花びらを浮かべた「桃花酒」で百歳を表す百瀬を願いました。これを3月3日に飲む習慣がありました。

江戸時代になり、白酒ができてそれが定着しました。

甘酒は「飲む点滴」とも言われるくらい健康に言いので、ひな祭り以外でも飲みたいですね!

蛤のお吸い物

蛤は対の貝殻しか合わないため、相性の良い相手と巡り合い仲良く過ごせるように願います。

1つの貝に身を2つ入れるのがしきたりのようです。

 

メモ

最近では初節句のお食事をお店で行う人も多いようです。

外食だといろいろ準備をする手間が省けるのでラクですね!

赤ちゃんがグズってもいいように、個室や座敷があるお店を選ぶと安心だと思います。

相場は一人当たり¥5,000以上になることが多いようです。

 

赤ちゃんの服装はどうするの?

ひな祭り

初節句の衣装はどれを着なきゃいけない!というような決まりはなく、赤ちゃんに着せたいものを着せていいようです。

せっかくの初節句なので可愛い服を着せたいですよね!

 

一般的には被布(ひふ)といって着物の上に羽織る上着を羽織るようですが、袴風のロンパースや赤ちゃんの月齢によってはベビードレスでもいいと思います。

料理を食べたら汚れるので普段着を着て、写真を撮るときにその上から被布を羽織るというのもいいかもしれません。

 

まとめ

漠然と、「ひな祭りは女の子のためのお祝い」としか思っていませんでしたが、1つ1つに意味があることを知りました。

ひな祭りはどんなお祭りでどういう意味があるのか、初節句を迎える娘に後々伝えていきたいと思いました。

 

 

 

-季節イベント
-

Copyright© 猫の集会所 , 2019 All Rights Reserved.