地元情報・観光スポット

京都観光スポット伏見稲荷大社に行ってみよう!

更新日:

京都伏見稲荷

猫のさくらとliveが大好きな愛知県の主婦 ka.katoがお届けします^^

 

今や、インスタ映えする京都の代表的な場所として有名ですね。

京都で外せない観光スポット伏見稲荷大社の歴史、見どころ、おすすめ情報、アクセス、拝観料などをご紹介します。

伏見稲荷大社の歴史と見どころ

京都伏見区にある伏見稲荷大社は、全国30000社あるお稲荷さんの総本宮です。

 

伏見稲荷大社は、71127日伊侶巨泰公が稲荷山にある3つの山頂に稲荷大社を祀ったのが始まりとなっていて、

商売繁盛、安産、万病平癒、学業成就などの御利益があると言われています。

 

見どころとなっているのが・・・

伏見稲荷の千本鳥居

伏見稲荷の千本
本殿後ろに向かうと目に入って来るのが朱色の鳥居です。

鮮やかな朱色の鳥居のトンネルの光景は圧巻です。

 

お稲荷さんの鳥居といえば赤色と一般的には知れ渡っていますが、本来の稲荷の鳥居は「朱」稲荷塗が慣習となっています。

 

江戸時代から崇敬者が「願い事が通った」感謝とお礼の念を鳥居の奉納をもって表わし参道に「千本鳥居」を形作っています。

また、神のいる幽界へ続く門として建てられたのが始まりと言われています。

 

「千本鳥居」と言いますが本展後ろの稲荷山に奉納されている鳥居の数は5000基とも10000とも言われています。

 

鳥居の奉納希望の方は鳥居の大きさによって初穂料が変り、5175000円から101302000となっています。

また、奉納する場所によって初穂料が異なります。

 

伏見稲荷狐

伏見稲荷の狐

 

伏見稲荷大社には様々な狐の像を見ることが出来ます。

・鍵を口にくわえている狐

・稲を口にくわえている狐

・巻物を口にくわえている狐

・宝珠を口にくわえている狐

色々な狐の像を探してみましょう^^

伏見稲荷おもかる石

伏見稲荷のおもかる石

 

奥社奉拝所の奥に石の灯籠が2本あり、灯籠の上に「おもかる石」と言われている石がそれぞれ置かれています。

灯籠の上の擬宝珠なので一見おもかる石なのか?違うのか分からない人も居る様です。

 

願い事をつぶやきながら「おもかる石」を持ち上げます。

持ち上げた時の重さが軽いと感じれば願い事が叶う日が近い、重いと感じれば願い事が叶う日が遠いと言われています^^

伏見稲荷御朱印

伏見稲荷の御朱印

 

御朱印とは、お寺や神社で参拝しその証に印象を押してもらうのですが、伏見稲荷大社の御朱印といただける場所は4箇所あります。

今回は経費削減?のため、伏見稲荷大社の御朱印をいただきました^^

「伏見稲荷大社」の御朱印

伏見稲荷大社の本殿向かって左側の社務所

「伏見稲荷大社 奥社奉拝所」の御朱印

伏見稲荷大社の奥社奉拝所

「稲荷山 御膳谷奉拝所」の御朱印

伏見稲荷大社の奥社奉拝所よりも更に奥にある御膳谷奉拝所

「伏見神宝神社」の御朱印

伏見神宝神社は伏見稲荷大社の中にあるもうひとつの神社で、奥社から千本鳥居の左側の鳥居をくぐってすぐのところに伏見神宝神社への道があります。

御本殿の手前に祀られているのは狛龍さんで、伏見神宝神社の御朱印は龍神をデザインした印になっています。

御朱印の初穂料は300

住所:京都府京都市伏見区深草笹山15

問い合わせ:075-642-5838

伏見稲荷にある眼力社

眼力社は伏見稲荷大社で知る人ぞ知る神様です。眼の病、先見の明、眼力が授かる御利益があると言われています。

株やFXをやってる方は行ってみましょう^^

先見の明を授かる事から経営者の方が商売繁盛の祈願をする為に参拝に来られたり、証券取引関係の方も参拝に来るそうです。

株やFXをやってる方は行ってみましょう^^

伏見稲荷眼力社のキツネ

眼力社で参拝者に人気なのが、きつねの像です。

伏見稲荷に数あるきつねの像の中でも眼力社にあるきつねの像は珍しい姿をしており、前脚だけを地につけて口からは水をだしています。

伏見稲荷大社、夜の参拝

一年中ライトアップされていて、24時間参拝可能です。ライトアップされている時間は決まってはいないので季節によって異なります。

夜の伏見稲荷大社は怖いと言われていましたが、今では桜門がライトアップされて幻想的な雰囲気になっています。

桜門は1589年に豊臣秀吉によって造設され、国の重要文化財に指定されています。

夜の千本鳥居は薄暗いトンネルのようになって不思議で怖いと言う人も居ますが観光客が沢山居るので安心です。

千本鳥居を抜けて四ツ辻まで登ると夜景を眺めることが出来ます。

とは言え夜の参拝は足場の悪い所もあるので気をつけましょう。

伏見稲荷へのアクセス

「電車」

JR奈良線 稲荷駅下車して徒歩直ぐ

・京阪本線 伏見稲荷駅下車して東へ徒歩5

「市バス」

・南5系統 稲荷大社前下車して東へ徒歩7

「車」

・名神高速道路 京都南インターから約20

・阪神高速道路 上鳥羽出口から約10

駐車場

伏見稲荷大社の境内入口にある駐車場は全て無料で約200台近く収容でき、年中無休で24時間出し入れ出来ます。

年末年始、ゴールデンウィーク、土日祝日などの混雑時には臨時駐車場が開かれる事もあります。

また、周辺に「一日最大料金」有りの駐車場などの有料駐車場もあります。

拝観時間

8:30から16:30

年中無休

拝観料は無料ですが御祈祷拝受は有料です。

伏見稲荷のまとめ

京都の伏見稲荷大社は狐の神様で、朱色の千本鳥居やおもかる石などのパワースポットがあり、願いが通る御利益があります。

24時間参拝可能で夜の参拝は幻想的な雰囲気で人気でにぎわっています。

昼の参拝と夜の参拝、両方行ってみたいですね^^

 

-地元情報・観光スポット
-

Copyright© 猫の集会所 , 2019 All Rights Reserved.