季節イベント

2019年のイースターは4月21日!イースターエッグ?イースターバニー?

更新日:

イースターバニー

 

こんにちは、わたくし西洋の行事にあこがれが強い中高年女子です^-^
ちょっと西洋かぶれなところがあります。

今年の4月21日は、イースターです。
でも一口にイースターといっても、どういうものかよくわからない、
という人は多いですよね。私もそうなんです。

 

「なんかうさぎとタマゴが出てくる春のお祭り?」
という認識ですよね。

ここでは「イースターの由来や、本来どんな行事か」
について私自身の勉強したことを説明していきましょう。

 

イースターは元々何の日?

イースターは、[復活祭]ともいいます。
キリスト教の祭日であり、その年によって日付が変わります。
暦にしたがって3~5月の間の日曜日とされます。

 

「春分の日の後、最初の満月が出たら、そこから数えて最初の日曜日」
とされています。

一般人、特に日本人のわたしたちは知らなくても全く問題ないでしょう。
興味がある人は実際に数えてみるのもいいかもしれませんね。

 

イースターは、キリスト教でいちばん重要な祭日とされます。
十字架にかけられ絶命したイエス・キリストは、
その3日後に復活しました。そのことを祝う祭日です。

イースターの前に、しばらく節制の期間がもうけられます。
肉や卵など動物性の食品をとることが禁じられます。
イースター当日にはこれらの食品が解禁になります。

 

教会で礼拝や儀式が行われ、この時に赤く染めた卵が配られます。
これが[イースターエッグ]です。
赤い色はキリストの血を表しますが、一般家庭ではカラフルに装飾されますね。

 

この卵は、うさぎ=[イースターバニー]が運んでくる、
と言い伝えられています。
クリスマスにおけるサンタさんみたいなものです。

命が生まれる卵と、子供がたくさん生まれるうさぎ。
どちらも生命の象徴とされます。

「イースターエッグを家の中や庭などあちこちに隠しておいて、
それを宝さがしのように見つける」
という風習もあります。

「キリストの復活を喜び祝い、この世の生命を祝福する。」
それが、イースター=復活祭の主旨なんですね。

 

各国のイースターの食卓

イースターの食卓

 

イースターには人々はどんなものを食べているのでしょう?

 

キリスト教は、大きく分けて3つの教派があります。
正教会、カトリック、プロテスタント。
このうち正教会は東ヨーロッパ中心に広まっています。

ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、
ブルガリア、セルビアなど。

この地域ならではの、イースターのお菓子があります。
それが[パスハ]と[クリーチ]です。
パスハはギリシャ語で[復活祭]を意味します。

復活祭の前には、肉、魚、卵、ミルクやバターなど、
これらの動物性の食品が禁じられています。
それが解禁になり、動物性の食材がタップリ料理やお菓子に使われます。

パスハはカードというフレッシュチーズや卵やバターが用いられます。
チーズケーキのような独特の白いお菓子です。
型を使ってピラミッド型に成形したりします。

クリ―チもたいていパスハとともに作られます。
クリーチは、卵やバターを使ったケーキのような甘いパンです。
円筒形で頭の部分に砂糖などで飾りつけます。

 

他にゆで卵やラム肉は各国で食されているようです。
これにスウェーデンではニシンやアンチョビなど。
イタリアでは“クッドゥーラ”という菓子パンが食されます。
なんと卵を殻ごと入れて焼くそう。

 

現代のイースター

イースターの飾り

 

イースターエッグは元々卵ですが、今はお菓子でも作られます。
タマゴ型のチョコレートや、キャンディ入りのタマゴ型カプセルなど。
デパ地下などでも見かけますね。
私もピーターラビットのタマゴ型チョコを購入したことがあります。

 

また日本でもイースターのイベントなどが増えてきていますね。
ディズニーランドやUSJでは毎年のように行われています。

これらのテーマパークは元々アメリカからやってきたものですから。
自然の流れで欧米の文化にふれることができますね。
日本にも少しずつ浸透しているようです。

 

イースターにまつわる話

イースター島

 

『イースター』と聞いて、何を連想しますか?

若い子は別にして、中高年の方は「イースター島」とかユーミンじゃないでしょうか^-^

・イースター島

イースター島はご存知ですよね。モアイで有名な島です。
1722年のイースターの日にオランダ海軍によって発見されました。
このことから「イースター島」と名付けられたとされています。

この島、実は「パスクア島」という正式名称があります。
スペイン語でパスクア=イースター(英語)という意味です。
日本人には英語のイースターの方がなじみやすいですね。

・ベルベット・イースター

歌詞にイースターが出てくる楽曲もあります。
「ベルベット・イースター」
は、荒井由実のアルバム「ひこうき雲」の中の曲です。

私は「ひこうき雲」ではなく、
J―POPのオムニバスアルバムで持っています。
特別ユーミンのファンというのではないですが、この曲が大好きなんです

FMラジオから流れてきた、
ピアノサウンドの美しさとロマンチックな詞の世界に一聴きボレ…。

アルバム「ひこうき曇」がリリースされたのは1973年。
この頃にイースターがテーマの曲って、相当なセンスの鋭さを感じます。
早春の頃になるといつも聴きたくなる名曲です。

 

まとめ

“イースターが何か”は、難しく考える必要は全くないんですね。
「春は、キリストが復活したように生命が芽ぶく季節、
みんなでお祝いしよう!」
という気持ちでいればよいのだと思います。

うさぎや猫ちゃんなどの動物、道ばたに咲く花。
そういうものを見たら、命の大切さを思い出しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-季節イベント
-

Copyright© 猫の集会所 , 2019 All Rights Reserved.