美容・健康

冷え症に悩むあなたはどんなタイプ?

更新日:

冷え対策にカイロ

 

冬の寒さは辛い、何をしても温まらないというあなた、冷えはあらゆるトラブルのもとと言われています。

ところで、寒くなってくるこの季節、もうすでに冷えに悩まされている方も多いのでないでしょうか。

 

冷えは、不眠はもちろん、むくみや肩こりなど、さまざまな身体の不調につながります。

また、代謝が低下して痩せにくい身体になってしまったり、血液が滞るために肌も荒れやすくなるといったトラブルを引き起こすこともあるんですね。

まさに、冷え症は万病のもとと言われますように、寒い季節であってもポカポカをキープするには、めぐりの良い身体づくりが大切となります。

 

冷え症のタイプ

冷えといっも、実はいくつかのタイプに分かれるんです。

冷え症に悩むあなた、まずは、冷えタイプ診断でチェックしてみませんか。

そして、ご自身に合った冷え対策を実践していただいて、寒い冬を乗り切りましょう。

・普段あまり運動をせず上半身に比べて下半身が細いあなた、
顔や背中によく汗をかいてほてりを感じる。そしてイライラしやすいあなた
こんな方は下半身冷えが多いようです。

・下腹部に触れると冷たくて便秘と下痢を繰り返すあなた、
いつも疲れやすくて風邪をひきやすい、しかも冷たい飲み物や食べものが好き
ではありませんか?
こんな方は内臓冷えが多いようです。

・普段は多忙なあまり入浴はシャワーで済ませてしまうことが多いあなた、
・手足が冷えてなかなか寝付けない、しもやけにも悩んでいるあなた、
多忙からか外食が多く痩せていて時々立ちくらみがしませんか?
こんな方は末端冷えが多いようです。

それぞれの対策を知って、いつも温かな身体を目指しましょう。

下半身冷えのおすすめ対策

冷え症にストレッチ

下半身冷えタイプの方は、毎日長時間デスクワークをしている場合にみられます。

ずっと、同じ姿勢をとり続けているために、下半身の血流が滞ってしまうことが主な原因となっています。

そして、上半身がほてり、顔などに汗をかきやすいんです。

 

こんなタイプの方は、中高年にも多いと言われています。

その場合、下半身の筋肉量不足も原因のひとつです。

ストレッチやマッサージで血流をよくして、運動する習慣をつけることが改善の近道と言われています。

長時間座りっぱなしですと、筋肉が硬直して血流のめぐりが滞るわけですから、お尻の梨状筋(りじょうきん)をストレッチでほぐすといいようです。

梨状筋ストレッチ

デスクワークの合間に椅子に浅く腰掛け、足首を反対側のひざに乗せる。

肩の力を抜いて背筋を伸ばして、上半身をゆっくり前に倒し30秒くらいキープしたら元に戻ります足を変えて同様にします。

下半身の筋肉量を増やす

普段使用するエレベーターは控えて階段を使う。

また、ランチの後での社内の歯磨きタイムも有効につま先立ちするなど下半身を鍛えるといいようです。

 

内臓冷えの方におすすめ対策

こんなタイプの方は、冷たい飲み物や食べ物の摂り過ぎなど、日常の食生活に原因があって、内臓をめぐる血流が滞って、胃や腸などのトラブルを起こしやすいタイプですね。

消化器内の血管が冷えて収縮すると、消化機能が低下してしまいます。

そして、腸には免疫細胞がたくさん集まっていることから、冷えによって働きが悪くなると、免疫力自体も低下して風邪をひきやくなってしまいます。

こんなタイプの方は、まずは、食生活の改善をするといいです。

お腹を外側と内側から温める

腹巻きやカイロ等を活用して、身体の外側からお腹を温めて内臓のめぐりをよくする。

また温かい飲み物をとるなど、身体の内側からも温めることが大切となります。

お好みのスープやホットココアに紅茶など温かい飲み物を積極的にとるといいようです。

末端冷えの方におすすめ対策

冷え症には風呂

 

こんなタイプの方は、血液が末端まで行き渡らないので、手足の指先が冷えてしまうタイプですね。

血液のめぐりが滞りやすいのはもちろん、体内で熱を生み出すエネルギーが不足してしまっているのも原因のひとつなんです。

 

そんなために、たとえカイロや靴下で、身体の外側からの対策を講じても一時的な効果しか期待出来ないと考えましょう。

こんなタイプの方には、入浴習慣や日常の食生活の見直しといった対策をとることが大切となります。

毎日湯船で入浴

入浴をシャワーで済ませがちな方は、なるべく湯船につかる習慣をつけましょう?

入浴剤として、ダイコンの干し葉や、陰干ししたヨモギの葉、ゆずの実を湯船に入れて、38℃~40℃くらいのぬるま湯にゆっくりとつかると効果的です。

>>>【ホットタブ重炭酸湯】

タンパク質を積極的に摂る

タンパク質は、身体の中で熱を生み出すために、良質なタンパク質を多く含む卵や鶏肉、納豆などの大豆製品がいいようです。

いずれにせよ、熱や温の働きのある食べ物を中心に摂ることで、身体全体が温まり、冷え症の改善に役立ちます。コショウ、赤トウガラシなどは、熱の性質を持った食品です。

 

いずれの冷え症におすすめしたいのがニンニクです。

血行をよくして滋養強壮効果で冷え症を改善します。

また、ネギは、身体全体を温める漢方薬のひとつで、焼きネギやチーズグラタンなどで。

そして、ビタミン、ミネラルが豊富のにんじんは、特に、下腹部が冷え方には是非おすすめしたいです。

 

まとめ

3人に1人は冷え症と言われるくらい女性に多く見られる症状です。

毎日、温の性質の食べ物を積極的にとって寒い冬を乗り切りましょう。

 

-美容・健康
-

Copyright© 猫の集会所 , 2019 All Rights Reserved.