ペット

わんちゃん、猫ちゃんをフォトスタジオで撮影!5つのポイント

投稿日:

Photo studio

 

苦しいときも辛いときも楽しいときもそばにいてくれるわんちゃん、猫ちゃん。

大事な家族の一員ですよね。

 

そんな家族と一緒に大事な記念日にフォトスタジオを利用したい!

という方は少なくないと思います。

 

そんなあなたに、

フォトスタジオ・カメラマンの zawawaz がお伝えします^-^

 

ペットとフォトスタジオで記念撮影するポイント

ペットの記念撮影

ワンちゃん、猫ちゃんの記念日にフォトスタジオを利用したい。

そんなときに確認しておきたい5つのポイントをご紹介していきます!

基本は事前の問い合わせが肝心ですよ^-^

1 ペット同伴可能か

まずこれが一番重要。
実は大体のフォトスタジオは「動物の入店禁止」としているところが多いです。

理由として

  • 着物や衣装に毛がつく可能性がある
  • 子供向けのスタジオは他のお客様がアレルギーを発症してしまう場合がある
  • 繊細な小物などが破損する場合がある
  • インモールの場合、ショッピングモール自体が「動物の入店禁止」になっている

など。

大切な家族の一員とはいえやはり最低限のマナーが必要にはなってきます。

しかし、HPには「ペット禁止」などをしっかり明記しているところが少ないのも現状です。

メールや電話でしっかりと問い合わせて確認しておきましょう。

2 ペットとの撮影ができるか

入店不可ならもう撮影できないのか…とあきらめるしかないように思います。

実は入店不可でも撮影はできる場合があります!

 

それは「ロケーション撮影」

つまり屋内のスタジオには入らず、公園や神社など屋外での撮影となるので入店ができなくて撮影ができるのです。

ロケーション撮影は婚礼の写真が多いようですが最近は私服での家族撮影やお子様の記念日の撮影を行っているところも増えてきています。

しかし、ロケーション撮影を対応しているフォトスタジオでも、ペットとの撮影自体が不可というところもあるようです。

問い合わせは必要不可欠です。

3 スタジオの種類は?

屋内で撮影できるフォトスタジオの場合。

ここの確認は必ずしておきましょう。

スタジオの種類は大きくわけて2つ

「設営スタジオ」か「ハウススタジオ」

 

『設営スタジオ』とは背景や床を特殊な紙を設置してストロボと呼ばれる強力なライトでフラッシュをたいて撮影するスタジオです。

昔ながらのきちんとしたフォーマルな撮影を好む方にはおすすめです。

 

『ハウススタジオ』とはその名前の通り、お部屋のような雰囲気のスタジオでナチュラルな撮影が特徴。

本当にご自宅やちょっとおしゃれな家で撮影しているような写真が多く、ここ数年人気が上がってきたスタジオです。

蛍光灯や日光などを利用しているので優しい雰囲気になるのも特徴です。

 

ではペットとの撮影にはどちらが向いているか?ですが…

ずばり「ハウススタジオ」です。

設営スタジオのフラッシュは本当にまぶしくわんちゃんや猫ちゃんはびっくりしてしまいます。

じっと止まっていないと背景の色が切れてしまったりと撮影が難航する確率が高いのです。

また背景や床に設置されている紙も猫ちゃんの爪で破れてしまったりする場合もあります。

撮影に集中できない場合もあります。

 

その点、ハウススタジオなら床が木やフローリングのようなところも多いのですね。

破れ、汚れはあまり気にせず自然体で撮影に臨めますのでかなりおすすめです。

 

注意したいのが、ハウススタジオでもストロボを使用するところもあるようですので

問い合わせはしっかりとしておきましょう。

4 貸し切りかどうか?

貸し切りではないスタジオでもペットとの撮影が可能のところはあります。

しかし、ただでさえ慣れない場所に来てそわそわしている状態です。

他のお客様やお子様がたくさんいると落ち着かず、撮影自体が困難になる場合があります。

 

スタジオ貸し切りと明記されているところでも「スタジオ内だけ貸し切り」でお仕度をするフロアなどは貸し切りでない場合、つまり完全貸し切りでない場所もあります。

 

完全貸し切りを選ぶことで自分たちも他のお客様に気兼ねなく撮影に集中することができます。

わんちゃんや猫ちゃんも落ち着いた自然な状態で撮影することができます。

 

大切な家族の一員ですからせっかくならかわいく撮影してあげたいですよね。

5 ごはん、水などはあげても問題ないか?

撮影する人が衣装レンタルをする場合などお仕度に準備がかかる場合、また撮影の後、写真選びをすることがあります。

フォトスタジオでの平均滞在時間は3時間といわれていますのでその長い間、飲まず食わずはさすがにつらいと思います。

またペットだけではなく人でも「飲食禁止」というところもありますのでしっかりと確認をしてあげましょう。

もし「飲食不可」だった場合は帰宅するまでに給水できるところ、給餌できるところを事前に確認しておきましょう。

まとめ

他にも疑問はたくさん出てくるかとは思いますが、この5点をしっかり確認しておけば素敵なご家族でのお写真が撮影できるかと思います。

また、フォトスタジオに「ペットと撮影がしたい」ときちんと伝えておくと「キャリーに入れてのご来店をしてほしい」などと注意事項を教えてくれますので希望はしっかりと伝えておくことが大事です。

是非参考にしていただき素敵なご家族の思い出を残してくださいね。

-ペット
-

Copyright© 猫の集会所 , 2019 All Rights Reserved.